国際的なプロジェクトとパートナー

私たちは、質の高い、注目度の高い調停トレーニングを、それぞれの地域の言語で、それぞれの管轄区域で、多くの人々に提供するという使命を共有する、地元や海外のパートナーと協力し合っています。

パートナーコンセプト

We are looking for local partners who share our mission to provide access to high-quality, high-profile mediation training in their local language and in their jurisdiction to many people.

Our Approach: Bottom Up and Grassroot

私たちは、文化や国を越えて共に学び合う国際交流・異文化交流に重点を置いた国際研修に加え、地域単位で調停という考え方を広めるためのエンパワーメントにも力を注いでいます。私たちの目標は、地域や国の外から紛争管理のトレーニングを始めるのではなく、地域の市民がその地域に関連したテーマや課題に焦点を当てた調停トレーニングを地元の言葉で実施するのを支援することです。

What makes IM Campus Mediation Training special?

High quality of curriculum according to international
standards:

  • Online and Offline Training
  • Trainers and resources from all over the world
  • Evaluated training material
  • Access to 60 hours of additional self-taught lessons
  • Certification from the International Mediation
    Institute (IMI) and the International School of Management (ISM)
  • In application to SIMI
  • IMC Fellows Alumni Network
  • Master Classes in Negotiation, Family Mediation, Commercial Mediation etc.
  • Free Webinars
  • International Audience (Website, Social Media Channels,
    Events)

IM-Campus is great at adapting to local needs and experiences

Our core training is conducted in English and
online:

  • We have requests for training from all
    over the world
  • Within non-English speaking countries
    many participants would like to be trained
    in their local language
  • Some groups want to stay together as a
    group
  • On-site training plays a role only locally
  • Local training give access to more people
    around the globe
  • Local training cover locally relevant topics
    and challenges

現在のプロジェクトとパートナー

オランダ - IMキャンパスでは、国際調停協会(IMI)が定める品質基準を満たすと認められ、IMIから既存の認可された調停トレーニングをオンラインで提供する免除を受けているCONSENSUSキャンパスプログラムの一環として、コースを提供しています。

ヨーロッパ - CONSENSUSは、調停・ADRの普及のため、欧州連合(Erasmus+プログラム)が設立したプロジェクトの主導機関となっています。In-Medias (www.in-medias.eu).9カ国の7つのパートナーとともに、ヨーロッパの調停訓練を実施することを目的としています。

カメルーン - カメルーンに本部を置くGFDLP(Global Forum for the Defence of the Less Privileged)は、人権サービスに加えて、ADR、調停、紛争予防と解決、リーダーシップスキル、交渉と紛争解決などに関する一般市民のトレーニングを提供しています。

フランス - IMキャンパスは、2022年に開催される第17回ICC国際商事仲裁コンペティションとパートナーシップを結んでいます。 2022年開催のICC調停コンペティションは、2回目のデジタル開催となります。2022年には、34カ国から48チーム、150人以上の専門家、その他オブザーバーやゲストが世界中から参加する予定です。

コロンボ - IMキャンパスは、国際投資家国家調停コンペティション - IIMCコロンボ2022とパートナーシップを結びました。IIMCコロンボは、調停愛好家がこの分野の最高峰から学び、調停を用いた投資家対国家の紛争解決について競い、考察するためのグローバルなプラットフォームを提供する予定です。

ドイツ - International Mediation Campusは、ドイツ・ハンブルグのBucerius Law Schoolと提携し、調停のスキルをさらに向上させたいと考えている候補者に、私たちの調停トレーニングパッケージの奨学金を提供しています。

ドイツ - FDI Mediation Mootは、国際的な投資仲介に関する理解を促進し、その可能性を探ることを目的としています。学生は、仮想的な投資に関連する一連の調停において、交渉担当者および調停担当者として競い合います。

インド - インドのティア1ロースクールである西ベンガル国立法律科学大学が、第4回NUJSメディエーション・コンペティションを主催します。

エルサレム - IM CampusはACT Conflict Resolutionとパートナーシップを結びました。パレスチナを拠点に 強化・維持に貢献する 市民権、市民的平和、紛争解決という価値観。

Alexandra Kieffer

Alexandra Kieffer

Alexandra Kiefferは、平和と紛争研究のバックグラウンドを持つ認定調停者であり、国際ネットワークとトレーニングを担当しており、あらゆる質問に喜んでお答えします。

アンドレア・ハートマン=ピロドー博士

Andrea Hartmann-Piraudeau博士は、国際的なネットワークを持ち、調停やADRの分野で長年の経験を持つ国際認定調停者・紛争専門家です。カリキュラムと研究を担当。