IM-Campusを支える人々

我々は何者なのか?

私たちのストーリー

成長するものはすべてどこかに根を張っています。 私たちのルーツは CONSENSUS – 南ドイツ(シュトゥットガルト)に拠点を置くコンサルティング会社(www.consensus-group.de)です。 調停、ADR、組織開発に重点を置いています。

異なる経歴を持つ10名以上の調停者で構成されたチームが、あらゆる業界、組織、個人を対象に調停やその他の紛争解決プロセスを提供してい

さらに CONSENSUS では、ドイツ全土で認定調停人になるための高度なトレーニングコースを提供しており、 CONSENSUS キャンパス(www.consensus-campus.com)では、対面式セミナーや国際オンラインコースを実施しています。

そうは言っても、私たちの仕事は3つの柱に基づいています。紛争解決、調停トレーニング、国内および国際的な文脈での研究です。

CONSENSUSキャンパスでは、IMI(国際調停協会)によるドイツで最初で唯一の国際的に認定された調停者トレーニングプログラムを提供していま

私たちの国際的な焦点とネットワークは、次のような国際的なプロジェクトにつながりました。

  • エラスムス+ – 欧州連合が支援するプロジェクト。CONSENSUSはEurasmus+プロジェクトの主要機関です。 9カ国の7つのパートナーと共に、ヨーロッパでの調停訓練を実施することを目的としています。
  • 国際平和教育事業
  • 調停・紛争研究分野の研究プロジェクト
  • パリで開催されたICC調停競技会を支援

私たちは、多様性が新しい視点につながると考えています。 私たちの信念は、紛争を平和的に解決することが、人間の生活の質の向上につながるということです。 私たちの信念は、人間は困難な状況にも健全に反応し、対応することができるということです。 私たちの信念は、国家的に適用されるだけでなく、特に国際的な文脈においても適用されます。 私たちの信念は、紛争を平和的に解決することが、人間の生活の質の向上につながるということです。 私たちは、私たちのコンセプトを世界中の人々のために持続可能で手頃な価格で提供できるようにしている参加者のコミュニティ精神を誇りに思っています。

そんな信念と同じ情熱を持った二人が出会ったことで生まれたアイデア…。

Andrea Hartmann-Piraudeau

アンドレアは、様々な文脈で豊富な経験を持つ国際的なメディエーターである CONSENSUS の創設者です。 異文化の家庭で育った彼女の能力だけでなく、彼女の情熱は国際コミュニケーションと異文化コミュニケーションにあります。

アンドレアは調停の修士号と社会科学の博士号を持っており、調停における感情に取り組んでいます。 アンドレアは自分を異文化主義者だと思っている。 アンドレアは調停の修士号と社会科学の博士号を持っており、調停における感情に取り組んでいます。 家庭的な背景だけでなく、学問的にも彼女の国際的、異文化的なネットワークと情熱につながっています。 アンドレアは様々な組織で講師を務め、調停者向けの出版物を執筆しています。

 

Alexandra Kieffer

アレクサンドラは、CONSENSUSで教育・国際プロジェクトのプロジェクトマネージャーとして働いています。 ケント大学(英国)とマールブルグ大学(ドイツ)で平和と紛争研究の国際共同修士号を取得した後、国際調停に情熱を燃やす。

家族とイギリスとのつながりだけでなく、国際調停コンテストに参加したり、NGO Books2Africaで働いたり、調停の研究をしたりしていたことから、国際関係や調停、ADRに興味を持つようになりまし アレクサンドラは、CONSENSUSで教育・国際プロジェクトのプロジェクトマネージャーとして働いています。